読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無人島に持って行きたい10枚のアルバム1枚目「Bed Head/BELLRING少女ハート」(2013年)

f:id:o93myyc:20160101225441j:image

コーチェラ・フェスティバル出演を目標にしているアイドル、通称「ベルハー」のファーストアルバム。

ベルハーを知ったのは、アイドル好きの方がTwitterでよく話していたのがきっかけ。気になったのでYouTubeで調べると、M9.サーカス&恋愛相談に辿り着きました。
 
なんというか「すごい」の一言。いわゆる楽曲派、サブカルアイドルは、ももクロでんぱ組.inc、BiS、Negiccoなどがすでに存在していましたが、またそれとは全く違い衝撃的でした。曲構成が複雑で、どんどん変化していく、アイドルプログレ
ただ、とんでもなく歌唱力がない。意味がわからない。多分ベルハーを初めて聴いた人はほぼ全員、どの曲でも、前奏で、やばい!かっこいい!となり、歌い出しで別の意味でやばい!ひどい!となると思うんです。でも、やっぱり曲自体は好みで、惹かれるものがあり、ちょうどその後京都で行われるアイドルイベントに出演するということで観に行き、そこからファンになったのですが、なかでもM13.アイスクリームが圧倒的でした。
 

youtu.be

「今、東京で一番かっこいい曲やります」というMCからのアイスクリーム。やる気がなさそうなゆるい女の子たちがこんなエモーショナルな歌、パフォーマンスができるのかと感動しました。

そして初めてのライブから数週間後に発売されたのが「Bed Head」

ライブ定番曲の即沸きブチ上がりナンバー、M2.the Edge of Goodbye。朝倉みずほ(推しです)のグダグダラップ(可愛い)の、M6.ライスとチューニング。唯一アイドルらしい爽やかな、M7.夏のアッチェレランド。美しいメロディライン+マーチングドラムの、M14.Teck Teck Walk。ラストのWIDE MIDEまでどんどん変化をしていきます。

「60年代のレトロなサウンドやサイケデリックからブチ上げロックまでをこなす変幻自在アイドル」といううたい文句がぴったりなアルバムです。「大人が自分好みに作った変な曲を歌わされているけどなんかしっくりきちゃった」と考えると面白いです。ベルハーのディレクターである田中紘治氏も言っていましたが、アイドルとは?ロックとは?などつまらないことは考えないでほしい。それを言い出すと、某メタルアイドルはメタルなのかという話ですよね…

「Bed Head」は2013年最重要アイドルアルバムとしてだけではなく、今後もアイドル界に衝撃を与えたアルバムとして語り継がれると思います。