読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタク楽曲大賞2016(声優、アイドル編)その3

サイレントマジョリティー/欅坂46

youtu.be

メジャーデビューでこの曲このPVのインパクトは強かったです。良い意味で地下っぽい。この曲とBiSHのオーケストラが、メジャーアイドルの在り方、地下アイドルの在り方をそれぞれぶっ壊してくれた、2016年重要なアイドル楽曲二曲だと思います。

 

広告の街/sora tob sakana 

youtu.be

残響×アイドルという楽曲派が好みそうな組合せ。ベルハーもそうなんですが、こういうバンドやクラブサウンドのアイドルらしからぬ楽曲に10代の女の子のあどけない歌声のアンバランスさが癖になる。

 

Do'nt You Get It/嵐

嵐NEWアルバムから新曲PV解禁!とテレビから流れて、へ〜嵐アルバム出すんだ〜くらいでなんとなく観てたら、びっくりして声出ました…踊れるジャニーズ流ファンク。

 

スリム・ボーイ・スリム/ひょろっと男子(梅原裕一郎西山宏太朗

企画モノなんで正直あんまり期待していなかったんですが贔屓目なしに最高。イントロから漂う良さ、高音と低音の二人の声の相性の良さ、あと声優がラップ歌う曲はだいたい良いんです。

  

You only Live Once/YURI!!! on ICE feat. w.hatano

youtu.be

アニメのEDのように永遠に気持ち良く踊っていたくなるような曲。今までの羽多野渉さんの楽曲とは全く違うタイプで新たな挑戦のようにも感じました。

 

オタク楽曲大賞2016(声優、アイドル編)その2

音楽 アイドル 声優

ナイトハイキング/ゆるめるモ!


ゆるめるモ!(You'll Melt More!)『ナイトハイキング』(Official Music Video)

 野外フェスの夜がテーマのキラキラダンスチューン。それにしてもけちょんちゃん大人になりましたね…

 

矛盾、はじめました。/Negicco


Negicco「矛盾、はじめました。」MV 作詞 土岐麻子 作曲 さかいゆう (2016/3/29 release)

土岐麻子×さかいゆうによる、今までとは少し違った"大人Negicco"なポップス。

 

ヒーローインポッシボー花江夏樹

ヒーローインポッシボー

ヒーローインポッシボー

作詞作曲ともに大石昌良が担当した良い曲です。作った本人が良い曲と言っていたので良い曲です。

 

 ドラマチックLOVE/一条シン&太刀花ユキノジョウ&香賀美タイガ&十王院カケル&鷹梁ミナト&西園寺レオ&涼野ユウ(寺島惇太&斎藤壮馬&畠中祐八代拓&五十嵐雅&永塚拓馬内田雄馬

ドラマチックLOVE

ドラマチックLOVE

  • 一条シン&太刀花ユキノジョウ&香賀美タイガ&十王院カケル&鷹梁ミナト&西園寺レオ&涼野ユウ(CV.寺島惇太&斉藤壮馬&畠中 祐&八代 拓&五十嵐 雅&永塚琢馬&内田雄馬)
  • アニメ
  • ¥250

 恋した

 

Baby, My First Kiss村川梨衣


Baby, My First Kiss / 村川梨衣

カラフルキュートポップ!って感じですね。可愛いですね。今年の女性声優楽曲で一番好きです。

オタク楽曲大賞2016(声優、アイドル編)その1

音楽 アイドル 声優

"楽曲大賞"と大袈裟な感じですが、知識も語彙力も文章力も乏しいので、ただただ個人的に好きな曲を「これめっちゃ最高やからとりあえず聴いてくれや!」と紹介するだけです。とりあえず思いついた曲を羅列していくのでその1からどこまで続くのかわかりません。声優、アイドル編と言ってますがそれ以外は別にないです…

 

Be My Steady/Galaxy Standard

Be My Steady

Be My Steady

 クレジット見ただけで期待が上がりまくっていましたが、その期待を軽く超えてしまうくらい最高の声優ドラムンベース。曲に負けない歌唱力。宮野真守さんは言わずもがな上手いんですが、豊永利行さんも全く引けを取らない二人のメインボーカル。c/wのRUSH、You're My Courageも合わせ文句無しに今年一番。

 

オーケストラ/BiSH

youtu.be

BiSが好きなのでBiSHはちょっと…と思ってたので、これ聴いた時正直悔しかったです…そのくらい心が震えた曲。ロックサウンドとストリングス、アイナ・ジ・エンドさんの力強いボーカルが見事にハマってます。新生BiSHの始まりを感じる。

  

しゅみ♡しゅみ/ 仲谷明香

youtu.be

音源としてはつい最近やっっっと発売されました。KAN TAKAHIKOさん流電波ソング?という感じ。

 

You&Me…で、wave?/城ヶ崎昴(c.v.畠中祐

You&Me…で, wave?

You&Me…で, wave?

 曲も最高だしなんせ畠中祐さんが最高。すき。

 

TRUE LOVE/篠崎愛

youtu.be

最近たまたま観ていたタイムボカン24のエンディングで流れてすごい良いなと思った曲。片瀬那奈さんっぽさもあります。

ちなみに何年か前AeLL.を観るチャンスがあったんですが道に迷い間に合いませんでした…

  

CLOSED/咲久間湊(c.v.蒼井翔太)  

CLOSED

CLOSED

 BPM90〜100の曲はだいたい良い曲…(たぶん)

 

ROOM24-7/BELLRING少女ハート

youtu.be

ライブブチ上がりアンセムみたいな曲も好きですが、こういう暗さが一番ベルハーらしさがある。

 

I am I/入野自由

アルバム「DARE TO DREAM/入野自由」全部 

I am I

I am I

 

DARE TO DREAM

DARE TO DREAM

アルバムではトップランナーかENTER THE

NEW WORLD!で悩みましたが全部良いので全部です。歌が好き、もっと歌いたい、という気持ちが伝わってくる素晴らしい作品。

もう沢山の方が評価しているし私が言うことないんですが、とりあえず入野自由さんは歌が上手い!!!ラップが上手い!!!以上!!!

 

 

 

 

 

無人島に持って行きたい10枚のアルバム3枚目「劇場版KING OF PRISM by PrettyRhythm Song&Soundtrack /V.A.」(2016)

音楽 アニメ キンプリ 映画 アイドル 声優
f:id:o93myyc:20160427152026j:image

1月に上映開始してから約4ヶ月、先日やっと発売となりました。本当に本当にありがとうございます。
とにかくキャラクターソングとしても声優楽曲としても強いアルバムだなあと思いました。

まず、1曲目の「ドラマチックLOVE」初めて劇場で聴いた時から、これは嵐の「Love so sweet」に並ぶ究極のラブソングアンセムと思っていました。歌詞もメロディも。花より男子の主題歌でも違和感ないですたぶん。途中からはドラマチックLOVEを聴くために劇場へ足を運んでいたと言っても過言ではないくらいです。それに合わせて映しだされる松浦さんのイラストがほんと美しい。散々言っていますが、"ありがとうの代わりに好きって言わせて"という歌詞が本当に大好きで、この部分を歌っているカケルとタイガはお互い向かい合って歌っていてほしいという妄想もできます。すごい。しかも私大好きなカケルからありがとうの代わりに好きって言わせてと言われてる。すごい。私も好きですありがとうの代わりに養ってください。
歌唱力に関しては内田雄馬さんの歌声が好きなんですが、シンくんなら一言一言を大事にして聞き取りやすいようにハキハキと歌うよね…を表現している寺島惇太さんが良いなと思いました。

2曲目の「EZ DO DANCE -K.O.P remix」は武内駿輔さんの18歳とは思えない歌唱力に震えました。ありがとう81プロデュース。武内駿輔さんの低音と増田俊樹さんの高音が交じり合うダンスミュージック最高尊い。アレク=大人びた、カヅキ=子供っぽさ、がうまく出てると思いました。ちなみに原曲発売当時武内駿輔さんはまだ生まれていません。
劇中でこの曲が流れるシーンはエッチな衣装を着てダンスバトルをするのですが、何が起きてるのかよくわからず毎回途中で記憶が飛びます。衣装も吹き飛びます。終わったら事後みたいな感じで倒れてます。ほぼセックスソングです。

3曲目のルヰくんver.の「pride」やっぱ蒼井翔太さんうまい。原曲よりキーが結構高くなっていてルヰくんの神秘さが出てると思いました。実は原曲よりルヰくんバージョンの方が好きです。でも「prideが使えない!???!?」じゃあないんですよ。prideを一番うまく歌えるのはヒロ様なんですよ。prideが使えないのはとても困る返してください。あと大和アレクサンダー役の武内駿輔さんはオーディションの時にprideを歌ったCDを送ったそうです。それも聴きたいですね。でも、私たちは聴けないがそれがあるという事実だけでも尊い。そう、私たちは見れないけど佐倉綾音さんが島風コスで自撮りをしたという事実だけでも尊いように…

4曲目のシンくんとOver The Rainbowの「Over The Sunshine」12月に発売されたオバレベストアルバムで聴いた時から大好きな曲です。あのオバレをコーラスに引き連れて新人アイドルシンくんがメインで歌う、あの数々の二次元アイドルを演じて歌を歌っている柿原徹也さん前野智昭さん増田俊樹さんをコーラスに引き連れて若手声優の寺島惇太さんが歌っているというキャラクター的にも声優的にもすごい構図。何者だよ最高。

オーディオドラマの華京祭は大騒ぎ!はとりあえずカヅキ先輩が可愛いです。えっちです。女性もの下着はいて見せてほしいです。iTunes配信ではこれを聴くことができないのでCD買ってください。


とりあえずCDを買え、キンプリを観ろ。






腐女子のススメ

漫画 BL ボーイズラブ
唐突に、私はなんでBLが好きなんだろう、きっかけはなんだろう、と考え始めたので、好きな作品も含めまとめてみました。

同級生 (EDGE COMIX)

同級生 (EDGE COMIX)

ど王道!!!!!!!
中村明日美子先生は二週間のアバンチュールで知りました。二週間のアバンチュールに収録されているヒメコちゃんと彼の左目が初めて読んだBLで、その後同級生を読みました。エロシーンはなく、普通の高校生が普通に恋をして付き合うまでを描いた恋愛漫画です。映画も原作の雰囲気を崩さず動いており感動しました。楽しみです。


ライチ☆光クラブ (f×COMICS)

ライチ☆光クラブ (f×COMICS)

男子中学生はかわいい!!!!!!!
これはBL作品ではないのですが、フ●ラシーンがあり、それがとても衝撃的でなにかに目覚めた気がします。古屋兎丸先生が描く少年は美しい。妖艶。


この展開BLで何回使い古しするんだ!?最高!!来世紀までやってくれ!!!!!!!
サブカルオタクなので、ストーリー重視だったり、ちょっと暗い作品を好むのですが、ここまでベタベタな展開は大好きです。ホテルの手違いでセミダブルベッド is god‥‥(某水泳アニメでもあったのは驚きました)BL好きじゃないけど好きな声優さんが出てるので…というキッカケで観たのですが結果めちゃくちゃハマったのでこれが沼の始まりだったんでしょうね。
一番好きな台詞は、木佐翔太の「一回寝たくらいで彼氏づらするなよ」です。


代永翼さんの「男でも乳首感じるの?」が聞けるのはラブステだけ!!!!!!!
受けが女の子っぽいので苦手な人もいるかもしれません。逆にあまりBLに触れない人の方が観やすいと思います。攻めが見た目的に俺様系でグイグイいく感じかな?と思っていたのに真逆のヘタレというギャップ、ノンケ×ノンケの葛藤がコミカルに描かれていて良かった。面白い!、そして、楽しい!ホモでした。
余談ですが、TwitterでDAIGOさんが代永さんにリプライする際、SHOGOのように、いずみぃ〜♡と言うの最高最高。


新宿ラッキーホール (Feelコミックス オンブルー)

新宿ラッキーホール (Feelコミックス オンブルー)

このBLがやばい2013!!!!!!!
の4位です。1位じゃないです。
只今放送中で原作も大人気の昭和元禄落語心中雲田はるこ先生の作品です。当時は雲田はるこ先生を全く知らず、なんか良さそうと表紙買いをしました。読み始めは、そんなにやばいか?表紙買い失敗か?と思っていたんですが、終盤の過去の話でボロボロと泣きました。エロさもストーリーも読み応えあり。


金持ち君と貧乏君 (IDコミックス gateauコミックス)

金持ち君と貧乏君 (IDコミックス gateauコミックス)

ジジイになっても初恋を忘れてはいけない!!!!!!!
メインは金持ち高校生×貧乏高校生なのですが、二世代に渡るラブストーリーで、戦時中に金持ち君の祖父(理事長)が好きだった相手が貧乏君の祖父(他界)。祖父同士のストーリーがめちゃくちゃ泣けました。理事長は60年間ずっと思い続け、初恋の相手にそっくりな貧乏君にときめいちゃって可愛いんです。ジジイ可愛い。エロは全くなしです。


yohaさんは天才!!!!!!!
yohaさんは某水泳アニメやバスケ漫画の同人誌を描かれており、陰湿で閉鎖的な雰囲気の作風でとても好きでした。「皆が妊娠させたい男の子」というキャッチフレーズもインパクト強い。オメガバースという特殊なジャンルで私もちゃんと理解できてないまま読んだのですが楽しめました。あいかわらずジメジメした感じでしたが、最後はちゃんとハッピーエンド。これが商業デビュー作なのはすごいですね。


隣の部屋で盗み聞きしてるような臨場感!!!!!!!
ドラマCDやシチュエーションCDは、声だけなので想像力が掻き立てられるのがいいのかもしれませんが、私は絡み合う絵ありきでBLが好きなのでほとんど聴きません。しかし、これには感動しました。ノーBGM(謎のフュージョン音楽なし!)、ノーカット、ノーフェード。なので本当にセッ●ス一部始終を盗み聞きしてるようです。画期的。ヘッドホンではなく、スピーカーで音量小さめで流し、となりの部屋や廊下で聞くことが醍醐味だと思います。壁一枚挟むことで声がこもる、聞きづらさがリアル。ちなみ私は最初試聴の際、公式のYouTube試聴をスマホで再生→スマホに布団をかぶせて聴いて絶叫しました…よかったら試してください。
佐藤拓也×鈴木裕斗というキャスティングも最強の攻めと最強の受け。可愛い受けをやらせたら鈴木裕斗さんの右に出る者はいないのでは…("右"だけに)


  • ラッキードッグ1(Tennenouji、2009年発売、PCゲーム)
f:id:o93myyc:20160207041342j:image
この作品に出会えて本当に良かった!!!!!!!
物語は、その名を轟かせていたマフィアグループの幹部4人が芋づる式に逮捕されるという、前代未聞のスキャンダルから幕が開ける。主人公はというと、刑務所の中。同じグループに属するマフィアの一味、訳あって刑務所暮らしをしているが、一構成員でしかない主人公は、幹部が捕まっても、特に興味もなくのんびりと過ごしていた。そんな時に、突如、チャンスは落ちてきた。一構成員である主人公が、マフィアのボスになれるという、人生最大のチャンス。そのチャンスを活かすか、逃がすか。それは『LUCKY DOG』と呼ばれる主人公の運次第。
由良さんのイラストに惹かれて購入。イラスト、シナリオ、キャラクター、声優さんの演技、すべて最高。マフィアものなので血生臭さ、死体、暴力、レイプ、死姦、カニバリズム等はあるんですが、それと甘さのギャップが良いです。キャラクターの立ち位置はっきりいていてわかりやすい。平井達矢さんのオラついた役も珍しいです。発売から今年で七年も経ちますが未だにファンも多く、定期的にオンリー開催されていて、愛され続けてる作品だと思います。
続編発表から六年経ち未だに発売日未定なところ以外は本当に最高ですねー!はははー!
でも六年間みんな待ち続けているのもすごいことです。

BLといっても、商業、二次創作とありますし、私は二次創作がダメすぎてすべてが苦手だったのですが、商業から入り、結局二次創作もいけるようになりました。でも地雷はあるし、ホモならオッケーなわけじゃない。
ホモを嫌いな女子はいません!なわけないんですが、ホモを好きになることで単純に楽しみが一つ増えるのが楽しい。自分にあったホモを探して、Let's BL Life!!!(^p^)b



無人島に持って行きたい10枚のアルバム2枚目「イデアの水槽/GRAPEVINE」(2003)

音楽

f:id:o93myyc:20160106164720j:image

「Circulator」→「another sky」→「イデアの水槽」というアルバムの流れは、ベース西原誠の活動休止、復活、脱退の流れがよく現れていたと思います。破壊、再生、開放。

デビュー後、第二のミスチルと言われ、そのイメージを壊すように作られた「Circulator」ですが、あまりにも唐突な変化球で今までのファンは驚き、かと言って、新規ファンを取り込む、といったこともなく、中途半端な失敗作に終わってしまいました。それを完成形にしたのが「イデアの水槽」だと思っています。

1曲目「豚の皿」のイントロからすごい。これが新生GRAPEVINEだと思わされるインパクト。


豚の皿 GRAPEVINE

田中和将の書く歌詞は難解であるがよく読むと馬鹿みたいなこと言ってることがあり、例えば、M5「11%MISTAKE」はサビ以外をファルセットで歌っていてとても不思議な曲。この歌詞も"たぶんそんなはずない""なにかのまちがい"あえて言いますと指のサイズだ"と、何言ってるんだ?って感じですが、結局は11%しか勃たなくて指のサイズっていう勃起の歌です。かと思えばM3「ぼくらなら」M10「会いにいく」のようなラブソング。シングル曲は割とわかりやすいですが、アルバムの曲は社会風刺やセックスみたいな歌詞が多いです。

M2「シスター」、M4「ミスフライハイ」の今までにない尖った感じ、中盤の「SEA」「Good bye my world」の暗さ、そこからM11「公園まで」はポップな印象的が強いですが、ラストの「鳩」で皮肉る。一見バラバラなのですが見事に綺麗に収まっています。

あとですね、最初に「Circulator」は駄作と言いましたが、実は「イデアの水槽」と同じくらい好きです。リリースから10年経って好きになりました。

不安定さが出てしまった未完成品と堂々と新しいものを見せつけた完成品、どちらも聴いてほしいです。


無人島に持って行きたい10枚のアルバム1枚目「Bed Head/BELLRING少女ハート」(2013年)

音楽 アイドル

f:id:o93myyc:20160101225441j:image

コーチェラ・フェスティバル出演を目標にしているアイドル、通称「ベルハー」のファーストアルバム。

ベルハーを知ったのは、アイドル好きの方がTwitterでよく話していたのがきっかけ。気になったのでYouTubeで調べると、M9.サーカス&恋愛相談に辿り着きました。
 
なんというか「すごい」の一言。いわゆる楽曲派、サブカルアイドルは、ももクロでんぱ組.inc、BiS、Negiccoなどがすでに存在していましたが、またそれとは全く違い衝撃的でした。曲構成が複雑で、どんどん変化していく、アイドルプログレ
ただ、とんでもなく歌唱力がない。意味がわからない。多分ベルハーを初めて聴いた人はほぼ全員、どの曲でも、前奏で、やばい!かっこいい!となり、歌い出しで別の意味でやばい!ひどい!となると思うんです。でも、やっぱり曲自体は好みで、惹かれるものがあり、ちょうどその後京都で行われるアイドルイベントに出演するということで観に行き、そこからファンになったのですが、なかでもM13.アイスクリームが圧倒的でした。
 

youtu.be

「今、東京で一番かっこいい曲やります」というMCからのアイスクリーム。やる気がなさそうなゆるい女の子たちがこんなエモーショナルな歌、パフォーマンスができるのかと感動しました。

そして初めてのライブから数週間後に発売されたのが「Bed Head」

ライブ定番曲の即沸きブチ上がりナンバー、M2.the Edge of Goodbye。朝倉みずほ(推しです)のグダグダラップ(可愛い)の、M6.ライスとチューニング。唯一アイドルらしい爽やかな、M7.夏のアッチェレランド。美しいメロディライン+マーチングドラムの、M14.Teck Teck Walk。ラストのWIDE MIDEまでどんどん変化をしていきます。

「60年代のレトロなサウンドやサイケデリックからブチ上げロックまでをこなす変幻自在アイドル」といううたい文句がぴったりなアルバムです。「大人が自分好みに作った変な曲を歌わされているけどなんかしっくりきちゃった」と考えると面白いです。ベルハーのディレクターである田中紘治氏も言っていましたが、アイドルとは?ロックとは?などつまらないことは考えないでほしい。それを言い出すと、某メタルアイドルはメタルなのかという話ですよね…

「Bed Head」は2013年最重要アイドルアルバムとしてだけではなく、今後もアイドル界に衝撃を与えたアルバムとして語り継がれると思います。